スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産*産後1日目*の巻

10月13日(水)産後0日目



手術のためにした麻酔は夕方徐々に切れ始めた。

麻酔は切れても尿管は通されたままで

実質動ける状態にはならなかった。

寝たままなので傷の痛みも少ない。

ジクジクする感じはあるが、

我慢できる程度だったし、陣痛の方が苦しかった。

動く気力も元気もなく、ただひたすら寝続けた。



10月14日(木)産後1日目



傷はあまり痛まなかったが、夜はなぜかよく眠れなかった。

天井を眺めた状態で、時間だけが過ぎていく。

明け方4時頃、少しだけ眠ることができた。

この日は腸の動きが戻っているかどうかを、朝確認され、

腸がしっかり動いていたから

朝食の時間にリンゴジュースを飲んだ。

12日の朝から通されたままの右腕の点滴の管は

昼過ぎに外された。

そのあと尿管もやっと外され、

昼食には重湯が出た。

まだ起き上がることができなかったから

この日付き添ってくれた姉にストローで飲ませてもらった。

すべて飲むことはできなかったが、おいしかった。



夕方、トイレへ行きたくなったため

ナースコールして看護士さんに来てもらう。

このとき初めてベッドから起き上がる。

横向きになるのが精一杯で、しばらくそこから動けなかった。

ゆっくり体を起き上がらせて、

看護士さんに支えられながら立ち上がった。

このときばかりはさすがに痛かった。

たった5歩でたどり着けるはずの

室内トイレがとても遠く感じた。

痛い思いをしながら便器に座ったが、なぜか尿意が遠のき

しばらく待ったが何も出なかった。

動くと響く傷の痛みがあまりに痛かったので

痛み止めの座薬を処方してもらった。

その夜、痛み止めがまだかろうじて効いている時間に

再びトイレへ行きたくなった。

ヨタヨタしながらトイレをする。

尿が出たが、なかなか出て来ず、なおかつ痛みが伴った。

毎回こんなに痛いのかと、少し心が折れそうだった。

夜の検温に来てくれた看護士さんに

そのことを話すとあっさりと

『(尿の)管通してたからやなぁ。

最初出にくいけん痛いんよ。

最初だけやけんな。』

とアドバイス(?)してくれた。

その言葉通り、次から痛みはなかった。

動くと傷が痛かったが、

痛くない動き方を研究し、痛み止めはもらわなかった。



我が子はまだ、保育器の中にいた。

新生児室まで見に行くこともできず、

姉に撮って来てもらうデジカメ写真が

唯一の対面方法だった。



夕ごはんは五分粥と豆腐の煮物が出た。

なんとか起き上がって、座って食べた。

食事もリハビリと自分に言い聞かせた。

座るのも苦しかったが、完食するのも苦しかった。

食べなきゃ元気になれないし、少しずつでも動かなきゃ。

ムリはしないように、ムリをしない程度に。

色んな人に甘えて、支えてもらいながら

ベッドで寝たきり生活が始まった。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Meglon

Author:Meglon
27歳、ついに脱・独身!!

夢にまでみた”家庭”というものをついに持つことができました。なんだか怒涛のような2010年の始まりです。結婚→妊娠と順調過ぎて恐ろしいような・・・。すべてが思い通りになっているわけではないけれど、1歩ずつあたしのペースで進んでいきたいと思ってます。

仕事は相変わらず同じ職場でがんばってるし、変わったことと言えば、家が変わって、家族が2人と1匹増えたくらい?
一人暮らしのときと違って、家事をやってくれる心強い”義母”が一緒にいてくれるので妊娠した今はとても助かっています。そりゃあ、すべてまぁるくおさまってるわけではないと思うのだけれど・・・。
まぁ、なんくるないでしょ~♪♪♪

今は、10月末日に生まれてくる予定のわが子が楽しみで仕方ありません!!

最近の記事
コメント
カテゴリ
いらっさ~い☆
月別アーカイブ
リンク
気になるモノ☆欲しいモノ
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。