スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初☆海外旅行 ?

<中>日本時間 <特大>3月23日(日) in L.A.



LAWRY'Sで食事を終えたあたし達は

Kチャン家で毎夜恒例の集会です{ひらめき}

LA最後の夜とゆーこともあり、

なんだかちょっぴり寂しい気分。<小>あたしだけかも?笑

居心地のいいKチャン家とも、ひとまず今夜でお別れか~

なんて、心の中で思っちょりました。

けどけど、楽しい食事の後だったから

そんなに悲観的ではなかったよ{キラリ}

ってゆーか、またすぐに会いにこれるような気がしとって。笑

ここがLAだとゆー実感が薄かった気がします。

ホンマにイイ意味で、Kチャン家は寂しさなんか感じなくて

なんてゆーんかなぁ・・・

日本でいるときと変わらん感じだったんよ{ひらめき}

Kチャンとkassyanが日本でいたときと同じ感覚があって

別れても、また会いにくるね、遊びに来させてね、

って感じが、あたしの中ではすごく強かった{超びっくり}

それこそ、車で10分走ったら会いに来れるんちゃうんかな、

ってくらいの感覚やったんよ、ホンマに。

まぁ、帰国してから遠いとゆーその現実を知ったんやけど{涙}



でも、遠いなんてゆー距離を感じさせないくらい

あったかくて、やさしくて、おもっしょい時間が

Kチャン & kassyan + ぽち にはあって、

その3人(あえて:笑)のあたしの中でのでっかさに

改めて気づかされた時間でした。



ほんわかする間もなく、出発時間は迫ってきて、

準備もせなアカンとゆーことで、

Kチャンにホテルまで送ってもらいました。

深夜のおっそい時間やったから、

Kチャンに送ってもらって、その帰りがめっちゃ心配やったけど

無事に帰り着いとって安心しました{ハート}

女の子ひとりでLAの夜道は車乗っとってもキケンだと

あたしはめっちゃ思っとったんよ{ため息}

あたし達が泊まってるホテルのあたりは、

夜はキケンだと聞いてたし{危険}

ほんでも、ホンマに無事で良かったです。(*´∀`*)




<色:#33cccc>☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆





ホテルへ戻ってから、酒Pは一眠り。

あたしは荷物の整理をして、シャワーして化粧して、

寝る間もなく、酒Pを起こして

さとっち&あゆみんと合流。

もちろん、さとっち&あゆみんも寝てません。



あっとゆー間に出発の時間がきて、

現地スタッフの人と待ち合わせていたロビーへ。

ホテルのチェックアウトも済ませていたから

あとは現地スタッフの人が来るのを待つのみ{ため息}

と、そこへやたら慌てたスタッフらしき人が登場。

名前も確認されぬまま、やたら慌てて車へ連れ込まれ、

必要最低限のことも話されぬまま、車は出発 {バス}{ため息}

4人で不安になりながらも、車はフリーウェイをかっ飛ばし、

いつの間にやら空港到着。

はやっ!!!!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!!!

有無も言わさぬそのスタッフは、一方的に話すばかりで

あたし達は、言われるがまま。

機械での搭乗手続きをあゆみんがやってくれて、

無事完了、と思いきや、

もう手荷物検査の場所へ連れて行かされ、

ハイ、じゃーねー、とスタッフの人は去っていきました。

寝てないうえに、別れの感動に浸る間もなく

慌てまくりの変なスタッフにペースを乱され、思わず

・・・・・(´・Д・`)ポカーン。




とりあえず、Kチャンとkassyanが空港まで

見送りに来てくれるとゆーことやったんで

2人を待つことに。

なんだかペースを乱されて少し混乱したような

苛立つような感じのまま、待ち時間を過ごしてました。

その間さとっちが必死でKチャン&kassyanに

連絡をとってくれて、無事に2人と会うことができました。

この旅では、さとっちのケータイ大活躍でした{キラリ}

ホンマにお世話になりました<(_ _)>



時間も迫っていたので、

二人と一緒に荷物検査のところまで移動。

その待ち時間の間にちょびっとお話。

ホンマにあたし達の慌てた旅につき合わせて

2人を振り回してばっかりの約3日間でした。

ほとんど寝てないのはみんな同じだったけど

Kチャンとkassyanと会えただけでも感動やったけど

ごっついごっつい内容の濃い約3日間で

ごっついごっつい楽しい時間でした{ハート}{キラリ}

個人的に、Kチャンの服が相変わらずオサレでカワイイことに

毎日ワクワク{ドキドキ}ドキドキ{ドキドキ} しとりました{ラブ}

別れ際までかわいかったKチャンにメロメロです゚.+:。(´ω`*)゚.+:。

あたしは旅行仕様の

カジュアルな衣装ばかりを選んで持って行ってたから、

もっとおもっしょい服持っていけば良かったなぁ、と

今になって思ったりします。

次行くときは、そうしたいです。笑

日本人らしく、顔に不釣合いな派手さで目立ちたいです。笑





<色:#33cccc>☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆





お別れらしいお別れもあえてしないまま、

手荷物検査を通り、手を振り合ってお別れしました。

その後姿まで、Kチャンに写真に撮られていたのには

正直びっくりしました。笑笑笑

また会えるから、お別れはしないわっ{月}

なんてセンチメンタルに浸りつつ、手だけ振り続けました。

あとは飛行機に乗って帰るだけです{ため息}


帰りの飛行機は、国内線と国際線を

サンフランシスコで乗り継ぐだけなんで

行きの便よりラクだったと感じました{OK}

で、その乗り継ぎの間に待ち時間があったから

それぞれ時間をつぶすことに。

あたし達は、とりあえず腹ごしらえ、ってことで

お寿司屋さんぽいお店へ入りました。

メニューには、うどんと、お寿司のいろいろな料理があって、

酒Pは肉うどんを、

あたしはカリフォルニアロールをオーダー。

店員さんは明らかに日本語じゃない言葉を喋ってたけど

東洋人であることは確かでした。笑

{}

↑あたしがたのんだカリフォルニアロール{キラリ}

実はカリフォルニアロール好きなあたし。(・∀・)

食べれて嬉しかったです{ラブ}

味はまぁまぁでしたが。笑

でも、カウンターの目の前で巻いてくれたよ{ピース}

寿司職人みたいな男の人が。笑




腹ごしらえを済ませたあとは、いろんなお店で物色開始。

酒Pは友達にお土産を買ってました。

あたしは免税店を見たりしたけど、

お買い物はしませんでした。

・・・うーん、なんとなく。笑

ブランドのお店なんかもあって、母に何か買おうかなぁ、と

迷ったんやけど、手ごろなものがなく断念。

一通りぶらぶらしたあと、搭乗口へ行くと、

すでにさとっち&あゆみんがいました。

4人とも結構お疲れ顔でした。笑

ここで待ってると、あゆみんが途中で呼ばれたりして、

ごじゃごじゃしてる間に搭乗開始。





<色:#33cccc>☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆





結局、帰りの関空までの長距離で

席が離れ離れになりました。(´・ω・`)ションボリ

さとっちとあゆみんは、

夫婦なので隣同士になってました{ひらめき}

どうやらそのことであゆみんは呼ばれていたらしいです。

あたしはさとっち&あゆみんと3席隣の同列で、

酒Pだけ2列後ろの完璧に離れた席でした。

出発までの少しの時間に、

さとっちが席を替わってもらう作戦を実行してくれましたが

見事失敗に終わりました。残念っ!

まぁ、あたしの執念が足らんかったんだろうと。笑

正直離れとってもええわ~、と思ってたので

席を替わって欲しいオーラが足らんかったんと思われ。

気を利かせて行動に移してくれたさとっちに感謝(*-ω人)

カタコトの英語で外国人のママと交渉してくれた

あたしの隣に座ってたオッチャンにも感謝(*-ω人)




そんなこんなありつつ、とりあえず飛行機は出発 {飛行機}

ちなみに、あたしの左隣が日本人のオッチャン(45歳くらい?)で

右隣は外国人の黒髪ストレートのかわいい女の子でした{ハート}



出発してから基本的に寝てたんだけど

機内食のときだけはなぜか目が覚めて、

ばっちり食ってやりました{ピース}{キラリ}

右隣の女の子は、どうやらベジタリアンだったらしく

機内食の別メニューを召し上がってました。



左隣のオッチャンは、1食目の機内食のときに

席替え失敗してごめんね、と丁寧に謝ってくれました。

カタコトの英語力ではアカンなぁ、とも。

そんなとんでもないッス、とあたしも謝りました。

親切なオッチャンでありがたかったです{ひらめき}



ちなみにそのオッチャンは、

仕事で海外出張だったらしくサンフランシスコに

2週間滞在していたそうです。

3週間の予定だったところを2週間にがんばって

短縮できて、今帰るところなんです~、と。

ちなみに関西人のオッチャンやったから、

遠慮なく関西弁でお話させてもらいました。(・∀・)

そのオッチャンはえらいフレンドリーな人で

席替え交渉した外国人のママにも英語で話しかけられ

わからない単語があったりして困ってました。

ほんでも身振り手振りでコミュニケーションしてたから

おもっしょいなぁ、と、あたしは感心しちょりました(^ω^)

ちなみにそんとき困っていた単語が、

「government」(ガバメント)でした。

あたしも意味が思い出せなくて答えれんかったんやけど

goo辞書で検索したところ

「━━ n. 統治, 政治; 政体; (時にthe G-) 政府; 内閣; 支配, 管理」

とゆー意味でした。

いざってときに出てこないのって悲しいなぁ(´∀`;)




ほんでもって右隣に座ってた女の子は

あたしに「あぶらとり紙使う?」と手で差し出してくれたり

「トイレ行く?」と気を利かせてくれたりと

コチラもかわいい親切な女の子でした。(^ω^)

もちろん相手の言葉は全部英語です(´∀`;)

関空到着20分前の日本語アナウンスが流れると

「あと20分?」と聞かれたので、「うん、20分」と答えたり、

服に付いたダウンジャケットの毛をコロコロで取ってたから

取り損ねてる糸くずなんかを取ってあげたりして、

それだけでなんとなく異文化コミュニケーション(*´∀`*)

と、ひとり満足しとりました。笑



到着5分前になって、まわりがわさわさし始めると、

右隣の女の子が突然、

「英語わかる?」と聞いてきたんで

「ちょこーっと」と話せない英語でこたえて

じっくり話を聞いてみると、

飛行機が着いたらこの番号に電話したいんやけど

電話代ってどれくらいかかるんかなぁ?

って内容でした。

・・・あたしがそう解釈しただけなんやけど。爆笑

で、「1minutes 20yenから30yenくらい」なんて

ごっつい適当な英語と日本語交じりの答えで

自分で笑いそうになるのをこらえつつ

それでも女の子は理解してくれたみたいで

「thank you」って言ってくれました。

英語なんてほとんどわからんのにあたし大胆やなぁ、と

今になって思ったり。笑

で、飛行機を降りるときに財布の中を確認してると

小銭で200円入ってたからその女の子に

「電話かけるときに使ってね」と日本語で言いながら

手に渡して、ヾ(ゝω・`)oc<【。:+*BYEBYE*+:。】

と、別れました。

そのときは良かれと思ってしたことだったんやけど

あとから考えると「失礼な行為だったんかなぁ?」と

不安になりました。{涙} ̄ロ ̄)!!{汗}

今となっては女の子が無事であることを

祈るばかりです。( ̄人 ̄)





スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Meglon

Author:Meglon
27歳、ついに脱・独身!!

夢にまでみた”家庭”というものをついに持つことができました。なんだか怒涛のような2010年の始まりです。結婚→妊娠と順調過ぎて恐ろしいような・・・。すべてが思い通りになっているわけではないけれど、1歩ずつあたしのペースで進んでいきたいと思ってます。

仕事は相変わらず同じ職場でがんばってるし、変わったことと言えば、家が変わって、家族が2人と1匹増えたくらい?
一人暮らしのときと違って、家事をやってくれる心強い”義母”が一緒にいてくれるので妊娠した今はとても助かっています。そりゃあ、すべてまぁるくおさまってるわけではないと思うのだけれど・・・。
まぁ、なんくるないでしょ~♪♪♪

今は、10月末日に生まれてくる予定のわが子が楽しみで仕方ありません!!

最近の記事
コメント
カテゴリ
いらっさ~い☆
月別アーカイブ
リンク
気になるモノ☆欲しいモノ
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。